カテゴリ:tours( 93 )

鵜飼 食事

一日目の昼食は岐阜でとる予定だったのだが、新幹線の中での相談で、名古屋を通るのだからひつまぶしを食べたいという人が現れた。熱田神宮店に行くには時間がないので、名古屋駅近辺を検索。名古屋から地下鉄東山線、名城線を乗り継いで松坂屋に蓬莱軒の支店がある。名古屋到着が11時17分だから、乗って10分、歩きその他を入れても12時前には着く計算。ところが着いたら既に長蛇の列。1時間待ち。
しかし、相談の結果、待つ事に。名古屋は暑いので、松坂屋に着く前に既に暑さにやられていた私たちは涼しいデパートで座って待つことを選んだのだ。怠惰&食いしん坊。
待つこと1時間足らず、席につけた。中は広いし、メニューは限られているので、回転が早い。儲かってるんだろうな~。
d0299559_16352635.jpg
ご飯は普通の茶碗で4~5杯はあるのに完食。だしで漬けににして食べるので、さっぱりと食べられるからか?


More
[PR]
by clevertulip2013 | 2017-07-25 16:29 | tours | Comments(0)

鵜飼 散策

d0299559_16334112.jpg
鵜飼で有名な長良川がある岐阜、ここには難攻不落な岐阜城がある。斎藤道山の城だ。
岐阜公園の入口のコインロッカーで荷物を預ける。すると目の前にシルバーボランティアのガイドの方がいた。約1時間のガイドをお願いする。
金華山ロープウエーに乗り、岐阜城の入口まで。入口から白に入るまでには階段300段。夏の炎天下にこれはキツイ。と、思ったが、木々が茂った山城なので日陰で涼しい。金華山の由来は「ツブラジイ」という椎の花(栗の花に似ているそうだ)が一斉に咲くと山がキラキラと金の花が咲いたようになったことから付けられたそうだ。
d0299559_16341375.jpg
岐阜城の入口を背にすると見えるこの石碑、方位が記されている。ここがパワースポットと鵜船の船頭さんに教わったので、いっぱい触ってきた。方位磁石が狂うほどの力があるらしい。
d0299559_16342778.jpg
これは松尾芭蕉に「夏きてもただひとつばの一葉哉」と詠まれたヒトツバ。シダの種類で、一枚の葉が地面から出ている。この地に芭蕉は滞在していつもの俳句を残している。


More
[PR]
by clevertulip2013 | 2017-07-24 20:57 | tours | Comments(0)

鵜飼の旅

いつもの旅のメンバーではなく、中高の友人と電話で話していて、突然決まった鵜飼見物。「死ぬまでにやりたい10のこと」ではないけれど、人生のカウントダウンもそう遠くにあるものではなくなって、「終活」の時期を迎える、なんて話をしていて、したことのないことをやろうということになった。それが「鵜飼」なの?って。そうなの。鵜飼を見たことがないので、見ようと話はトントン拍子に決まった。友人がネット予約をしてくれて、切符はもちろん3割引のジパング利用。あっというまに決まり、あっというまに行ってきた。
住んでいる場所が違うので、新幹線の駅もそれぞれ東京、新横浜、小田原と別々。全員が揃うまでドキドキ。
名古屋で東海道本線に乗り換え岐阜へ。そこから鵜匠の宿まではタクシーかバス。
宿に到着後、すぐに予習のために鵜飼ミュージアムへ。
d0299559_22201507.jpg
1300年の歴史ある鵜飼。一子相伝、しかも男子のみ。6件ある鵜匠はそれぞれに家で鵜を飼い、訓練する。水戸でウミウを捕まえ、訓練する。
一艘に4人乗り、鵜匠はひとり、その他は船頭。
展示物やvideoで勉強した。


More
[PR]
by clevertulip2013 | 2017-07-23 22:09 | tours | Comments(0)

不老不死温泉

三日目の宿は不老不死温泉。露天風呂からは海が見える。夕日が沈むのを露天風呂で見るのが、この宿の醍醐味なのだ。
この日は日没は7時10分、お風呂が混むのは予想できたので、宿に着くとすぐに入浴。急いで夕飯を済まして、窓から日没を見た。少し雲が出ていたので、オレンジロードもできずちょっと残念。
ここの温泉は鉄分が多く茶色に濁っている。タオルも茶に染まる。
青森までは、来るのも帰るのも一日かかり、しかも電車も本数が少ない。帰りは青森経由で帰りたかったのだが、新幹線が取れなかった。いつもより一日多い旅だったのだが、天気に恵まれ、すべてが順調に進み楽しく過ごせた。
次は8月までお休みにした。秋は紅葉を楽しむ旅行になるかな?
d0299559_13472321.jpg
画像は借用しました。本当ならこんな感じになるはずでした。

[PR]
by clevertulip2013 | 2017-06-25 20:47 | tours | Comments(2)

十二湖@青森

3日目は二ツ井から特急つがるで東能代経由十二湖。タクシーで奥十二湖へ。
実際には33個あるようだ。青池、鶏頭場池、仲道の池、日暮の池などがある。
d0299559_20324208.jpg

d0299559_20322728.jpg




More
[PR]
by clevertulip2013 | 2017-06-24 20:30 | tours | Comments(0)

岳岱・田苗代湿原

二日目は秋田白神ガイド協会主催の岳岱・田苗代湿原散策ツアーに参加。
もう少し季節が早いか遅いかだったら花が楽しめたのだが、ちょうど花のない時期だった。
前の週は一週間ずっと雨だったとかだが、真夏のような暑い晴れ。水筒と宿で作ってもらったお弁当をもって参加した。
参加者は多く20名余り。ガイドさんは見習いを含めて6人。大型バスで出発。
世界遺産に指定されている地域には、許可なく立ち入ることが出来ないので、周辺のブナの森や湿原を歩く初級コース。

森林地帯のホンの入口だが、100年を超える樹齢のブナの森。涼しく、湿った心地よい空間を歩いた。エソハルゼミが鳴いている。
d0299559_10581164.jpg


More
[PR]
by clevertulip2013 | 2017-06-23 20:06 | tours | Comments(0)

和みの湯@湯の沢温泉

のんびり温泉に浸かって、山菜満載のご飯ときりたんぽを食べる。根曲がり竹の季節とあって、竹の子をふんだんに使ってある。熊が出るという山奥の村。現金収入の一つが根曲がり竹で、一回30キロも取るという。美味しいので熊も好物だから、夢中になると目の前に熊がいたと、いうことになるそうだ。
d0299559_10094875.jpg
山奥なのにお刺身もつけてくれた。写真にはないが、イワナの塩焼きはこの宿の釣り客が分けてくれたもの。これに鍋いっぱいのきりたんぽ。2泊目はだご汁。比内地鶏のガラでだしを取ったおいしいスープ。ワラビ、ゼンマイ、ウド、ミズ、ばっけ味噌(ふきのとうの味噌)、いぶりがっこ。海辺の私たちには普段目にできないご馳走。


More
[PR]
by clevertulip2013 | 2017-06-22 20:08 | tours | Comments(0)

白神山地@秋田

世界遺産になった白神山地。
行きたいと思いつつ遠いので実現しなかった。おもいきって3泊で計画。
最近は通勤時間を避けて、土曜、日曜に出発することが多くなった。
東京駅から東北、北海道新幹線はやぶさで新青森に。この電車は函館まで行く。新青森で特急つがるに乗り換え二ツ井下車。
東京から約3時間。
d0299559_09545814.jpg


More
[PR]
by clevertulip2013 | 2017-06-21 20:41 | tours | Comments(0)

散策@松之山温泉 松代

一日目の棚田めぐりは歩くには広すぎる範囲だったので、タクシーを利用した。2時間1万3千円。最終的には30分オーバーでおまけしてくれた。運転手さんは100㌔を超すと思われる巨漢で、まつだいのお嫁さんをもらったので、「むこ投げ」されたと言う。歴代一位の重さということで、テレビのニュースになったんだとか。
二日目は宿からウォーキング。宿の裏山の遊歩道を午前中歩く。昼には下に降りてそばで昼食。コーヒーとケーキもいただき、温泉街をと思ったら、店の数が少なくアッという間に終わる。
宿に帰り、温泉に入り一眠り。30℃を超す暑さだったので、ぐったり。
木陰は気持ちがよかった。
三日目は宿の車でまつだい駅まで送ってもらい、周辺を散策。
d0299559_17333957.jpg



More
[PR]
by clevertulip2013 | 2017-05-27 20:11 | tours | Comments(0)

d0299559_17301609.jpg
初日の昼食後、予約したタクシーで松代周辺で棚田をめぐる。ちょうど田植えの季節で、水を張った田んぼが美しい。
田植えが済んだものもあり、これからのものもある。新緑の中、斜面を使った棚田がそこかしこにある。集落からは歩くと1時間はかかるようなところに隠れるように作られている。年貢を収めなくても済むように隠れて作っていたという。見つかると没収になったのだそうだが。
永く休耕田になっていた棚田も最近若者の手で再生され、観光の目玉になっている。



More
[PR]
by clevertulip2013 | 2017-05-25 20:53 | tours | Comments(0)