金継ぎ 

ハチに刺され一回休んでしまった金継ぎ。今回は研ぎが終わったので、呂色漆を蒔いた。また、乾燥。空気が乾燥してきて、気温も下がっているので、水分を補給しながらの乾燥。乾燥したら、砥いで、呂色漆。乾燥させ、研ぎ、呂色漆を数回行う予定。
d0299559_16402828.jpg
d0299559_16394821.jpg





なます皿は金を蒔いたので、生正味を塗り、ティッシュで抑えるようにして、色がつかなくなるまで。これも乾燥させる。
角皿は数回呂色漆を蒔いたので、研ぎ、呂色の工程。→ 乾燥
白い古い急須はヒビなので、ひびに生正味を少しづついれ、数分置いて、拭き取る工程を3回繰り返す。

[PR]
by clevertulip2013 | 2017-10-27 20:38 | art | Comments(0)