急激に10月って!&金継ぎ

大型台風が列島に沿って北上。風が強い。気温が急激に下がり、10月の気温だという。FⅢはご機嫌、ハイテンション、食欲あり。
私もこれでもかというほど寝てもまだ眠い。ストレスレスチェアーにしてから、座ると寝てしまう。
最近では畑の作物も秋冬野菜の準備で、耕作、施肥と収穫はナスと唐辛子だけになった。ナスばかり食べている。少しばかりパプリカが取れるのだが、
とても小さい。

8月の金継ぎでは、
角皿の研ぎと黒漆塗り。漆の乾燥を待って研ぐ。(次月)
なます皿、先月で完成なのだが、綺麗に仕上がらなかったので、金を削って、金を蒔くところからやり直し。
ポットの蓋、持ち手の強度を増すために。継ぎ目にサビ漆を竹串で差し込む。乾燥を待って、研ぐ。

気の長い工程だが、修行中なので、納得できないと先に進めない。年を取ると気が長くなるのはいいところだ。

d0299559_21062567.jpg
d0299559_21063442.jpg




先日妹のところから来た着物をKMさんと吟味した。
祖母のものだけではなく、母、叔母のものもいくつか入っていた。
妹が着られるものは除いてあるのだが、いくつかはKMさんがすぐに着られそうな着物があった。派手な帯もあったので、それと合わせると地味なきものも生きてくる。

私は単の小紋柄のものをいくつかほどいて再利用できるか挑戦してみることにした。
着物は手に取ると独特の絹の風合いと祖母や母の匂いがするようで、懐かしかった。
手縫いで、本当に丁寧に縫ってあるので、解くのも簡単ではない。
d0299559_16532837.jpg
d0299559_16531836.jpg
d0299559_16531025.jpg
あざみ柄の紫の小紋と黒の唐草模様の織り柄の小紋。3日がかりで2着ほどき、まず、洗濯アイロン。どんな風にできるのか。もともとの手縫いのように細かく丁寧にできるわけはなく、ミシンでチャチャッとやりたいのだけど、ミシン、捨てちゃったし、どうするかな。
まだあといくつかあるので、まずは全部ほどいてから考えようか。

[PR]
by clevertulip2013 | 2017-09-02 20:52 | art | Comments(0)