夏祭り

八月も終わりに近づき、地域の神社の神社のお祭りがあちこちである。子供会でやる盆踊りや夜店も出る。
大きな神社にはプロの夜店が出るのが、なんでも高い。
子ども会主催のお祭りは事前に購入したチケットしか使えないことが多い。ヨーヨーつりや金魚すくい、綿あめ、焼きそば、焼き鳥など、子ども会のお父さん、お母さん、町内会の役員がつくる。
我が家でも、既に子どもは成人して家にはいないのだが、ほぼ、毎年お祭りには出かける。その夜の夕飯は焼き鳥、焼きそば、ウインナソーセージになる。もちろん、ビール付き!大きな神社に行った時には広島焼きも加わる。
今年は子どもの引く山車について一時間くらい町内を歩き回った。
暑くて外に出ないので、運動不足気味。
d0299559_21210977.jpg
d0299559_21213038.jpg




父が亡くなり、妹は役目を終え、実家に帰ることになった。彼女は肩のにが下りたのか父、母、祖母のものを身内に分け始めた。
うちにも祖母の着物類が来た。
引越しの時には桐たんすもおいていくというので、私もスペース作りを考えている。
昔のタンスは深くて、整理しにくいが、ものがたくさん収納できるといういい点がある。
桐のタンスといえば、祖母が亡くなった時に母からも一棹送られて来た。
当時はまだ子どもも家にいて、一つずつ部屋を使っていたので、置き場所に困りしばらくは玄関に置いていた。今は二人の生活なので、スペースは十分ある。
一人につき、洋ダンスと整理ダンスにすべての洋服を収納するのが理想なのだが、私の場合、コートだけで洋ダンスを占領している。
CPも着ていないスーツ類が何十着もあるのだが、捨てようとすると抵抗するので捨てられない。ネクタイなんて数えたら200本近いのだ。呆れる!
衣類が2つの洋ダンスと2つの整理ダンスに収めることができたら、季節の衣替えも楽になる。
でも、こんなに着物や帯が来てしまったのだから、桐たんすが届いたらそこに収納するしかない。
中身を見ないで、「えい!」と捨てられたらいいのに。
d0299559_21221068.jpg

[PR]
by clevertulip2013 | 2017-08-28 20:19 | private | Comments(0)